荒木若干

記事一覧(95)

箸を削ろう

箸を削ろう、と思った。こないだテレビ番組「マツコの知らない世界」の箸特集を見ていて、思った。自宅にある、100均で売ってる10本セットみたいな安い箸を紙やすりでゴシゴシ削り、なんかこう…いい感じに…?ならないかな…?って…?アルミ箔で作る鉄球みたいにビカビカ輝くかもしれない。去年は様々なことが僕の身に起こった。正直、8割ぐらいはしんどいこと。楽しいことは少なかった。今年に入ってからも、小さなことでドタバタが続く。今日でいうと、子供がインフルエンザにかかってしまった。ここ2年ぐらいは風邪も引かず元気だったので「体調悪いウチの子、久しぶりに見たな」って感じ。そういや病院でもらったインフルエンザの薬が一錠だけだった。去年からの新薬だそう。何回も飲ませなくて良いから便利ね。科学の力ってスゲー。そういう生活をしていてふと、自分は何がストレス発散になっているんだろう、と考えた。起こった出来事で予定がガンガン流れてしまい、楽しみにしていたことがなくなることも多かった。まあ、それはそれでしょうがない。不測の事態に文句を言ったってどうしようもない。でも、やはりというかなんというか「好きなことができない」というストレスは溜まってしまった。自分の趣味である作曲。これは確かに作っていると楽しいし、1曲書き上げたあとは達成感がある。ただそこに辿り着くためには、頭をぐるぐる回転させないといけないこともある。これはけっこうエネルギーを使う。また、僕は自分の音楽が、常に作り続けるより、多少自分の中で表現したいことをプールした方が、のちのち作った時に良い感じに仕上がる気がしている。ということで、頻繁に作業していない。そのひととき、爆発的なストレス発散にはなるが、常に、ではない。漫画も趣味のひとつだ。好きな漫画を読むことはストレス発散のひとつと言える。しかし問題なのは、新しい話を読みたくても、新刊の発行が半年先だったりすること。毎日毎日、好きなものが読める訳ではない。一応ネットを徘徊して、その日配信されている電子漫画も読んでいるが、100%気に入ってるってことでもないし。僕の好物は豚足だ。ただ、去年の夏、近所で唯一豚足を売っていたスーパーが閉店した。その後ずっと、出かけた先々でスーパーに寄って豚足を探しているが、見つかっていない。ネット販売されているものは送料が高く、頼めたもんじゃない。だって豚足の値段の4倍ぐらいかかるんだもの。やはりYouTubeか。YouTubeで、昔から好きなゲーム実況者の動画を観ている。彼らはほぼ毎日ペースで動画をアップしてくれるので、その日その日に楽しみがあって良い。とは、言っても、昔ほど人数を追いかけていないので、その楽しみも長くて2、3時間ぐらいで終わってしまう。ゲーム。最近はレッツゴーピカチュウやスマブラがおうちにやってきたおかげで、割とやるゲームのラインナップは揃ってはいる。友達とオンラインで対戦するのも楽しい。ただ平日は朝の6時半には起きないといけない仕事をしているので、夜は眠くなる。我慢して夜遅くにしていると、早く寝なければ、というプレッシャーがのしかかってくることも。ほんと、なんか…全く気兼ねなく、何も考えず、無心でストレス発散できる趣味はないかな。別に、対して何かの役に立たなくてもいい。ただただ、今の時間を無駄に浪費してのんびりしたい。そうして僕は、箸を削ろう、と思った。

【随時更新】僕のライターの仕事まとめ(最終更新:2019/01/13)

こんにちは。僕です。僕は「荒木若干」という名前でネットを中心に色々やってます。音楽を作って発表することが多いですね。このページは閉じてGoogleで検索して今すぐ聴いてみてください。2017年12月からライター的な仕事をし始めました。そして最近、書いたものに「荒木若干」という名前が載るようになったので、この記事でそれをまとめておこうと思います。ライターってこういうことするじゃないですか。僕もしたいじゃないですか。■まんが王国ラボ漫画配信サイト「まんが王国」のレビューサイトです。好きな漫画について書かせてもらえるので好きです。付き合って欲しいです。・『へうげもの』のオノマトペで歴史が好きになる話https://lab.comic.k-manga.jp/comic_review_onomatopoeia/・もうすぐ30歳ですがどうにかして今から高校球児になれませんか?『おおきく振りかぶって』https://lab.comic.k-manga.jp/feature_big-windup/・彼らと私たちの世界に違いなんてない『土星マンション』https://lab.comic.k-manga.jp/comic_review_saturn-apartments/■UtaTen無料で歌詞が見られる音楽サイトです。でもインタビューやコラムなど、内容は充実。僕はボカロの曲を中心にキュレーション記事を書いています。自分もボカロPなんだなってちょっと思った。・【特集】ボカロ曲シャルルが超人気な3つ理由、歌詞の世界観を解説!https://utaten.com/specialArticle/index/3057・【特集】ボカロ・ダンスロックの名曲!ロキの魅力や世界観をまるっと解説!https://utaten.com/specialArticle/index/3069・【特集】自分が生きる意味は?とにかく深いボカロ曲「ドラマツルギー」を解説https://utaten.com/specialArticle/index/3079・【特集】失恋した少女はゾンビになった。人気ボカロ曲『帝国少女』を解説!https://utaten.com/specialArticle/index/3118・【特集】ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!「砂の惑星」の歌詞に込められた意味https://utaten.com/specialArticle/index/3117■デイリーポータルZ愉快な気分にはなるけど、役立つことはないサイトだそうです。様々なジャンルの記事が鬼のようにあります。これは仕事としてではなく、通信講座に参加して書かせてもらいました。このブログでも以前書きましたが。・終電後の京都観光https://dailyportalz.jp/kiji/181003204082以上です。お仕事お待ちしてます…って言えたらかっこいいですが、どれぐらい対応できるか分からないので言わないでおこうと思いましたが、言いたいので言います。お仕事お待ちしてます。音楽、漫画、終電後の京都観光のような京都にまつわる変な記事が得意です。連絡先はこちら→y.araki.pa.man◆gmail.comTwitterで連絡していただいても大丈夫です→jakkan_araki

ダイジェスト日記(10/16〜11/30)

【2018/10/16】ベランダでタバコ吸ってると虫の鳴き声が聞こえる。リズムが一定。俺よりよっぽどリズム感がある。秋のEDM。【2018/10/20】夜、家の外で「イヤー!」と叫んでいる男の声が聞こえた。悲鳴じゃなくて、空手家の掛け声的なやつ。寝静まった街、誰に知られるでもなく、ヒーローは戦っているのかもしれない。【2018/10/23】ベーシスト吉田一郎のライブのチケットを取った。当日までまだ一ヶ月半あるのにそわそわする。【2018/10/27】半年で5kg太った…。腹のパンパン具合には気付いていたけど、現実を見た。豆腐をガンガン食おう。そして9丁の豆腐を買い込んだ。【2018/10/29】ダイエットのためにウォーキングを始めた。こういうの、続いたことがないので今回も自分に期待はしてないけど、やる気があるうちに挑戦。今日朝体重を計ったら67.5kgだった。60切るぐらいが目標かなあ。【2018/10/30】もし中学生の時にamazarashiに出会ってたら、がっつりハマってたと思う。歌い方がとても好み。【2018/10/31】今日も今日とてウォーキング。【2018/11/2】ダイエットを始めて6日目。体重の変化はほぼない。焦れる。【2018/11/5】やはり実感がない。これは主食を豆腐に変えただけではダメということじゃないか?量減らさんと。【2018/11/7】職を失いました。しんどい…。【2018/11/13】学生時代の先輩に人生相談してみたり、友達とゲームしたり…うまく現実から逃げ回りながら、今日、新しい仕事の面接。祈られないようにがんばろう。【2018/11/26】気付いたら二週間ぐらい書いてなかった。色々あった。新しい仕事が決まり、ライターとしての活動も始めた。週末に遠方から友達が遊びに来たり。生活リズムが一変。安定感が欲しい。【2018/11/30】朝早く出勤しなくてはいけない仕事をしているので、夜遅くまで起きていられなくなった。21時には眠い。激動の一ヶ月半でした。体力が続かない。写真は平等院鳳凰堂に行った時のやつです。あと近々、告知というか紹介するものがあるので、また書きます。

僕が無職なのはアジカンのせいだ

2018年11月7日、僕は無職になった。一昨日バイト先から「もう仕事ないです」と言われた。突然すぎて、半笑いで話を聞いていた。業務終了後、やけ酒を飲んだ。心底、社会の世知辛さを感じている29歳の秋である。アレコレと考えて、胃も痛くなった。今も痛い。それもこれも、もとを正せばASIAN KUNG-FU GENERATIONのせいだ。自分には人とは違う特別な才能があると信じていた中学生の頃、彼らに出会った。現在では分かりやすくてマイルドになった印象のある彼らの音楽性だが、当時は激情まっしぐら。特に純文学小説の言葉を切り取って貼り付けたかのような、乱暴とも言える歌詞センスに僕はどハマりした。周りにアジカンを聴いている人間が少なかったという理由もある。これは俺しか聴いていない、俺だけが特別なものを知っている、という優越感が大いにあった。そうして立派に選民意識が芽生えた僕は高校生の時に、ギターを始めた。もちろんアジカンの曲を練習した。高校生の終わり頃に、曲作りへ手を伸ばした。歌詞は自分でも分かるぐらい彼らの影響を受けていた。友達に聴かせると「メロディーがアジカンっぽい」と言われた。僕の音楽性の奥底にASIAN KUNG-FU GENERATIONが深々と突き刺さっていることを感じた。短大へ進み、軽音楽部へ入った。同級生たちとバンドを結成して、オリジナル曲も含めていろいろ演奏した。髪をぼさぼさに伸ばして、視力はたいして悪くないのに眼鏡デビューをした。今でも裸眼で0.5ぐらいなので、本当に目の悪い人に眼鏡を貸したら怒られる。「この程度でかけるな!」と。その見た目の変化も、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル、後藤正文を真似てのものだった。普段は「これが俺のオリジナリティだよ?」という顔をしていたが、多分周りにはバレていたと思う。そうして音楽に浸りまくって、卒業後は音響の会社に就職。さまざまな現場で多種多様な音楽に出会った。盆踊りの仕事もあれば、紅白歌合戦に出場した演歌歌手のPAも務めた。しかしそれでも、邦楽ロック、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが自分の中のメインストリームだった。いつも心のどこかで、そんなバンドの音響がしたいなぁと考えていた。音楽ライターの仕事も経験した。得意な分野はもちろん邦楽ロック。上から与えられたテーマの中に、アジカンの曲を混ぜていた。あれは、趣味と仕事が人生で一番合致した瞬間だった。楽しかった。しかし、前述通り、仕事がなくなった。僕に残ったものは、音楽にまみれた10年分ほどの職務経歴だけだ。この業界は潰しが利かない。音楽だけをやってきた人間は、他の職種に手を伸ばすのが大変だ。普通の会社員のようなことができない。まだ20代の僕でさえ、他の人と比べて約10年分の差がある。同世代の役所勤務をうらやむこともある。そうして生きてきた人生に、後悔があるか、それともないのかは、今は分からない。ASIAN KUNG-FU GENERATIONから始まり、現在無職の僕の手元に残った、音楽。それが今後どうなっていくか、自分なりに考えながらやっていくしかないと思っている。今日も自宅でギターを担いで、Cadd9を鳴らす。そして心の底から「仕事をくれ」と歌うんだ。

【保存版】ブログのアクセス数を伸ばすためにやるべきたった5つのこと

ここ最近、デイリーポータルZさんに自分が書いたものを載せてもらったおかげで、このブログのアクセス数が鬼のように伸びている。9月、10月だけアクセス解析がバグってるんじゃないか、と思えるほど。これを続けていって「個人ブログでも一ヶ月1万PV達成!そのコツ、教えます!」という商材を作れば売れるかもしれない。入会金55000円ぐらいで。メールマガジンも始めて、ツイッターのフォロワー数も業者に頼んで増やして。そのうち雪だるま方式で信者が量産されていくのでは。ちなみにコツは「書いたものをデイリーポータルZの投稿コーナーに送る」です。とは言っても、このアクセス数の伸び方は一種のバズりみたいなもので、リピーターが増えているわけではない。事実、デイリーポータルZに載っても一週間経ったらアクセス数は落ち着く。ブックマークしてくれている人もいるかもしれないけど、毎日見に来る訳でもないだろうし。時の人。一発屋。突然話は変わりますが、関西ローカルニュース番組に出ている、お笑いコンビの藤崎マーケットが面白い。一般の方相手にトークを転がす様子はこなれていて、見ていて安心感がある。藤崎マーケット、と言えば「ラララライ」の一発屋のイメージが強い人も多いのでは。かくいう私もその一人でね。高知県に住んでいる時、「ラララライ」ブームが去ったあと、彼らをテレビで見かけることはなくなった。しかし去年、京都に引っ越してきて、関西ローカルのテレビ番組に出ている彼らを見た。そして今でもよく見かける。大活躍だ。なんなら生でも見た。大阪の梅田駅前にあるヨドバシカメラの下で正月に無料ライブみたいなことをしていた。すごい人だかりだった。「ラララライ」で全国的に知名度を上げた彼ら。しかしそのブームも落ち着き、一発屋というイメージがついた彼ら。でも関西のテレビ番組での、面白い彼ら。続けることの大切さが身に染みる。まずは文章を書いて、デイリーポータルZに投稿するところから。そうすればいつか、商材が売れるはずだ。タイトルはこの記事のやつみたいにしような、みんな。「他のサイトと合わせたら合計何個やらなあかんねん」って思われような。

ダイジェスト日記(8/18〜10/16)

【2018/8/18】デイリーポータルZのライター通信講座のための撮影に京都駅へ行く。これ書いても良いのか?待ち時間が長い。寂しい。【2018/8/19】午前2時半の新京極。公園のベンチに座る女。その前に立つ男。距離が近い。鼻先3寸。何してるんでしょうかねぇ????分かりませんねぇ????【2018/8/20】体がバキバキですわ。変に忙しいなと感じる。好きなことやってての忙しさだから良いんだけどさ。【2018/8/22】大阪で遊んだ。大阪は、というか都会は独特な匂いがするなと毎回思う。【2018/8/24】台風一過。蒸し暑いけど、夏の終わりが感じられる。【2018/8/26】スーパー銭湯へ行った。露天風呂コーナーで日焼けするために寝転がっているおっさんがいっぱいいた。池にいる亀みたいだった。【2018/8/29】畳に座って仕事してて腰が痛くなるので座椅子を買った。念願。やったぜ。【2018/9/2】映画ペンギンハイウェイを嫁が見たいということで行ったが、チケット完売。なめてた。ごめんなさい。ドラクエの無料コスプレブースで写真撮影。バリバリのポージングを決める嫁にちょっと引いた。さすがです。【2018/9/6】ふと、エビ嫌いの友達に無理やりエビを食わそうとして思いっきり殴られたことを思い出した。【2018/9/11】風邪を引いた。一気に肌寒くなったなぁ。曲が出来そう。久しぶりだ。【2018/9/15】松本大洋展へ行く。本人によるライブペイントもあるそう。けど入場の倍率高め。行けるか?見れた。本人が描く絵そのものな風貌だった。はしゃいで缶バッチ3つ買った。【2018/9/22】猫カフェに行った。1時間触りまくった。猫エネルギーが溜まった。【2018/9/25】「誰がスパイじゃ!」と工場のおっさん同士が大声で喧嘩している。経緯が気になる。【2018/10/1】子どもと釣りへ。釣れなかったけど、休日っぽいことをしたと思う。【2018/10/3】台風の影響で延期になった、子どもの運動会へ。平日開催。近くの幼稚園の子たちが散歩中なんだろうか、フェンスに張り付いて見てるのがかわいい。【2018/10/6】ブックオフへ行った。小学校高学年くらいの男の子がエロ本コーナーの前を行ったり来たりしていた。分かる。【2018/10/9】この時期蚊に刺されるとマジで本気で床叩くぐらい腹立つ。【2018/10/11】最近寝坊が多い。目覚ましをかけても起きれない。良くない。【2018/10/16】安らかに眠る毎日だ。歩道を歩いていたら前からペットボトルを持ったおっさんが来た。すれ違う寸前におっさんが突然「おるぁああぁあ!!!」と叫んで歩道脇のフェンスにペットボトルを投げつけた。唐突過ぎてめちゃくちゃビビった。その後おっさんはペットボトルを拾ってまた歩き出した。朝、家でなんか嫌なことでもあったか。ペットボトルのおっさんの話は今朝のこと。いまだにちょっとドキドキしてる。恋…かな…。以上です。